ラシックスの服用の仕方|絶大な効果を発揮する!?強力な利尿剤ラシックスでむくみをとろう

ラシックスの服用の仕方

並んでいる薬

ラシックスを服用するときは、通常、成人では1回1日40mgから80mgを連日、あるいは隔日経口投与します。
年齢や症状で適宜増減するとされており、朝1回の服用が一般的ですが、場合によっては朝とお昼の2回に服用します。
服用するとカリウム不足になりがちなので、カリウスが多く含まれる果物や野菜をたくさん摂取し、カリウムを補うようにしましょう。
また、ラシックスは先に説明したように利尿作用がとても強いので、すぐにトイレに行けないときに飲むのはオススメできません。
夕食後など、夜に服用すると睡眠を邪魔することになり、むくみの一因である自律神経の乱れにも繋がるので、夜に飲むのも避けたほうがいいでしょう。

日本国内では、ラシックスは医師の処方箋が必要な医療用医薬品に分類される薬です。
疾患の判断がついていない場合、生理的なむくみのみへ処方される薬ではないことは忘れてはいけません。
ラシックスには降圧作用も含まれてるため、個人的に使用する場合には自分の体調と相談しながら使用する必要があります。
むくみ取りを目的として服用する場合、日中の朝食後や昼食後が適切だという声もあります。
また、ラシックスには副作用もあるので、個人的に使用する場合は事前にラシックスについて詳しく調べておくことをオススメします。
適切な用法用量を守らずに使用した場合は水分不足になる恐れもあるので、用法用量はきちんと守り、正しく使用するようにしましょう。